​経歴

 
EverettBrownprofilephoto%20copy_edited.p

代表理事 エバレット・ケネディ・ブラウン (Everett Kennedy Brown)

 

アメリカ、ワシントンD.C.生まれ、在日30年の写真家、文筆家、日本文化研究家。

2003年にEpa通信社日本支局を設立し、10年間支局長を務める。また、日本有数のサスティナブル・ラーニングセンターであるブラウンズフィールドを設立。

東京大学、明治大学で教鞭をとり、首相官邸や各省庁の参与を歴任。大学院大学至善館客員教授。
アーティストとして、幕末明治時代の湿板光画に対する革新的なアプローチで知られ、その写真は海外の主要美術館のパーマネントコレクションに所蔵されている。

日本語で執筆しており、著書多数。日本力(パルコ出版、松岡正剛との共著)、Japanese SAMURAI Fashion(赤々舎)、失われゆく日本(小学館)。先祖返りの国へ(晶文社)、京都派の遺伝子(淡交社)、Archaic Future(ハーベスト出版)ほか。  

文化庁長官表彰被表彰者。


エバレット・ケネディ・ブラウン公式サイト

 

2022

  • 沖縄県返還50周年記念「琉球の祈り」展示会や写真集プロジェクト

  • 福岡県英彦山の「守静坊」の改修プロジェクト

 

2021

  • 京都の名家・旧家プロジェクト始動

  • 大学大学院至善館客員教授

  • 福井県・ふくいブランド大使任命福井県永平寺町「永平寺・ZENアーティストレジデンス」プロジェクトの総合ディレクターとして、畳美術館で展覧会を開催

  • 岩手県インバウンド活性化プロジェクト。遠野市にて「ラストフロンティア岩手」展を開催


2020

  • 日本造園学会より、日本庭園の「心と技」研究推進委員に認定

  • 新刊『Archaic Future・ひとつのつながりの記憶』(ハーベスト社)

  • 新刊『京都派の遺伝子(海外クリエイター15人)」 (淡交社)

  • 新刊 『失われゆく日本・先祖返りの国へ 』(昭文社)

  • Bunkamura ザ・ミュージアムにて「日本の名家シリーズ」を展示

  • エラルタ現代美術館(ロシア)にて湿板光画展を開催

  • ギリシャ、テッサロニキのテッサロニキ考古学博物館にて、日本の神話をテーマとした作品を展示

  • 京都新聞「ザ・キョウト」にて、京都のアーティストを紹介するエッセイを連

  • NHKワールドで「写真家が見つめる心の日本」が放映

 

2019

  • 島根県・ふるさと親善大使「遣島使」任命

  • NHK「スピリチュアル・エクスプローラー/禅」ナビゲーター

  • 米国ニューオリンズ歴史博物館にて、島根県の写真展示と基調講演「小泉八雲の世界」

  • ニューオリンズ国際写真祭、ニューオリンズ美術館にて、基調講演「出雲・日本の想い出」

  • 米国ロサンゼルスのChatto Galleryにて、島根県の写真を展示

  • 島根県新治町、松江市、美保関町で国際文化交流会を開催

  • 『なごみ』(淡交社)にて「京都派の遺伝子」連載。

 

2018

  • 米国大使館、メディア戦略アドバイザー

  • NHKワールド「スピリチュアル・エクスプローラー/お盆」ナビゲーター

  • 「エバレット・ブラウンおもかげ湿板光画展」を名古屋城・本丸御殿孔雀の間で開催

  • 新刊『失われゆく日本』(小学館)

  • 滋賀県・びわ湖大津観光大使に任命

  • 京都府観光振興アドバイザーに任命

IMG_1151.jpg

理事  柿﨑 潤子 (Junko Sophie Kakizaki)

いけばな草月流および、フランス式フラワーアレンジメント師範。茶道や着物文化など日本文化を世界に発信する。文筆家。京友禅サリーアンバサダー。世界文化社「家庭画報」の家庭画報大賞にて、テーブルコーディネートと料理で優秀賞。

幼少より祖母からいけばなや茶道を学び、いけばな草月流師範を取得。大学卒業後、パリに2年間留学。ソルボンヌ大学文明講座終了後、エコール・フランセーズ・ドゥ・デコラシオン・フローラルにてフラワーアレンジメントのディプロムおよび、フランス国立園芸協会にて1級資格を取得。帰国後、いけばなとフラワーアレンジメントを融合した講座を開催。12年間教授したのち、日本の伝統工芸品とオートクチュール刺繍を融合させたジュエリーのデザインと制作をする。

世界55ヶ国以上を旅しながら、現在は、ヨーロッパ各地やアジアで、着物や茶道など日本の伝統文化についての講演やデモンストレーションを行う。

Atelier Junko Sophie  公式アーティストサイト

Junko Sophie Kakizaki 公式インスタグラム

2022年

  • 外務省「インドとの外国関係樹立70周年事業」、京都工芸染匠協同組合による京友禅サリープロジェクト・アンバサダー、および、京友禅世界展開事業

  • ​​インド・ジャイプール Taj Rambagh Palaceにて、日本文化サロンを開催。茶道のデモンストレーション。

 

2021年

  • 新刊『TASHINAMI: 9 Mindful Japanese Rituals to Feel Beautiful Inside Out』(インド・GBS LLP)

  • インドGlobal Beauty Secretsとコラボ、日本古代の文化や知恵に基づいたパーソナルケア ”Kyoto Beauty Secrets by Junko Sophie”を企画開発。『VOGUE』、『INDIA TODAY』など多くの主要プレスで特集が組まれる。

  • 京都きもの市場のウェブメディアにて『Junko Sophie's 秘伝京都』を、日・英・中・仏語で連載開始。

 

2020年

  • 一般社団法人イマジンワンワールドのキモノプロジェクトにて、国際連合と京都芸術大学の「京都芸術文化フォーラム in 京都」京都宣言の調印式にて、プロジェクトの紹介。

  • 京都・法厳寺にてギリシャのアーティストが制作した着物を着てインスタレーション。

  • ギリシャ・テッサロニキのテッサロニキ考古学博物館にて、その写真を展示。

 

 

2019年

  • アメリカNBCの2020オリンピック特集番組「日本の伝統文化を現代において実践する日本女性」として出演。

  • 台湾・台北や高雄にて、日本文化や美に関する講演、茶道のデモンストレーション。

  • 英国王立写真協会のメンバーに、日本の写真ツアーをコーディネート。

 

 

2018年

  • フランス映画、ジャン・クロード・リュプチャンスキー監督のドキュメンタリー映画 ”Gates of Shinto”の日本側コーディネート。

  • パナソニック南アフリカとの共同制作にて、ラグビー南アフリカ代表のシヤ・コリシ氏と動画の共演。日本文化のナビゲーター役としての出演。コーディネート、ロケーションハンター。

 

2017年

イタリア・ミラノにて、日本イタリア文化友好協会の会長、アルベルト・モロ氏とのコラボで、

「着物の美」に関する講演と着付けのデモンストレーション。

 

2016年

フランスの日本を紹介する文化雑誌『A Propos du Japon』誌上にて、着物や茶道に関するインタビューと写真掲載。