京都会所とは

会所は有志による、日本の伝統と現代を結びつけることを目的とした交流の場です。

会所(かいしょ)は読んで字のごとく「会う場所」。その言葉は平安末期に既に見られますが、特に中世に於いてはサロン的な要素を持った、身分の違いを超えて文化交流が出来る場だったと考えられています。

 

京都会所は「現代版の会所」を目指します。失われたり、忘れ去られようとする日本の伝統的な文化を学び、現代人の目で再認識し、現代、未来という文脈の中でどうやって文化に価値と、活用の場を見いだすか、ということを考える事。創り手や演じ手、彼らが創り出すものを必要としている人々とのマッチング。そのままでは現代にそぐわないものを現代の文脈に引き戻して再表現するために、現代の目利き、キュレーター役を担うこと。そしてそれを可能にする場とネットワークを提供することだと考えます。

文化は日本の観光資源であり、世界が注目する日本ブランドの源です。海外の旅行者の多くが日本の歴史や文化の特異性に惹かれて来日します。サブカルやアニメのような現代文化を求めてくる人も大勢いますが、圧倒的多数は古い歴史が育んだ文化に誘われてくるのです。ところが我々はその文化資源をあまり大事にせずに、自分たちが国際化することを優先していないでしょうか?

「会所」は自分たちが忘れそうになっている、とても大事な何かに触れ、気付き、そして受け継ぎ、育てて行くきっかけになる場であれば良いと祈っています。

 

旧公家 近衛家当主

近衛 忠大

 

 

会所の現代性

このたび日本文化をさまざまなかたちで継承・発展させていくための魅力的なプロジェクトが立ち上がり、その活動の総体が「会所」というキーワードで表現された。会所という言葉を発掘された関係者各位の彗眼とプロジェクトの込められた高邁な趣旨に心からの敬意を表したい。

どの時代にも人の集まる空間や場は存在した。ヨーロッパではそれが広場という象徴的な場に結晶したが、わが国では自由な寄り合いは室内空間のサロンからスタートする。そのような場を当時の人々は「会所」と呼んだ。会う所、つまり人が集まる場ということに会所の本義があった。中世の終わりとともに建築としての会所は消滅するが、近世にはあらたに都市的な意味を担って会所が再生する。

たとえば京都の町人が日常的な会合や町の取り決めのために街には必ず町会所をつくった。ふだんは一般の町屋と変わりないが、祇園祭など非日常的な祭礼の時には毛氈や屏風などによって飾られ、室内空間は道ゆく人々に開かれる。こうして会所は都市の公共性を担うようになる。

場としての会所は、その後の近代・現代都市に繰り返し再生された。近代以降登場する倶楽部、集会所、近代的な広場などがそれである。

会所の本質が自由で機知に満ちた人々の共同性や交流にあるとしたら、それはつねに現代的なテーマでありうるのであって、それは構築された空間というよりは、場を創生する人々の共同性に依存する、ということになろう。「京都会所」の今後を大いに期待したい。

 

東京大学大学院 工学系研究科建築学専攻教授

伊藤 毅